メニューを飛ばして本文へ

  • 背景色変更
  • 背景色変更:1
  • 背景色変更:2
  • 背景色変更:3
  • 文字サイズ
  • 文字サイズ:小
  • 文字サイズ:中
  • 文字サイズ:大

「河野昭一企画展」及び記念講演会、自然観察会開催のお知らせ

特別企画展「植物学者、河野昭一の世界-その生涯と只見」

ただみ・ブナと川のミュージアム初代館長(後に名誉館長)を務められた河野昭一先生(京都大学教授)が2016年10月14日に亡くなられてから2年が経ちました。河野昭一先生は、著名な植物学者であり、教育者として、また、自然保護運動の活動家としても多くの功績を残されました。只見町においては、町史編さん事業の一環として行われた「ブナ林総合学術調査」を御指導され、その成果の中からブナ林に代表される只見町の自然環境の価値を科学的に裏付け、「奥会津森林生態系保護地域」の設定や世界自然遺産登録運動にも尽力されました。

また、その後には只見町ブナセンターの設立や「ただみ・ブナと川のミュージアム」の開設を提案、その実現に大きな役割を果たされました。今日の只見町のブナ林を核とした町づくりや只見町ブナセンターの活動の基礎をつくった方といっても過言ではありません。


本企画展では、植物学者・河野昭一氏の経歴と業績について紹介し、只見町における活動と地域貢献を顕彰するものとして開催します。

会期

2019年4月27日(土)~9月2日(月)

開催場所

只見町ブナセンター「ただみ・ブナと川のミュージアム」2階ギャラリー

入館料

高校生以上300円、小・中学生200円

特別企画展開催記念講演会「只見のブナ原生林は世界の宝」

特別企画展「植物学者 河野昭一の世界 その生涯と只見」に関連して、河野昭一先生とゆかりのあった方々を招いて講演や座談会、自然観察会を開催します。
お誘い合わせの上、是非ご参加ください。

講師

≪講演≫
「植物学者・河野昭一先生がブナ林に残した足跡」

講師:北村系子氏(森林総合研究所)


≪ 座談会≫
「河野先生の思い出」

司会:

只見町ブナセンター館長 紙谷智彦

参加者:

鈴木和次郎氏(元只見町ブナセンター館長)

中岡茂氏(只見ユネスコエコパーク推進専門監)

新国勇氏(只見の自然に学ぶ会代表)

北村系子氏(森林総合研究所)

日時

2019年6月30日(日)、午後13時~15時

場所

季の里湯ら里(ときのさとゆらり)コンベンションホール「ゆきつばき」

参加費

聴講無料

記念講演会及び観察会のチラシ.pdf

自然観察会「深沢集落 余名沢ブナ林―ブナ二次林のこれからを考える」

※荒天時は観察地の変更あるいは時間を短縮することがあります。

日時

2019年6月30日(日)、午前9時~11時

場所

深沢集落、余名沢のブナ林

集合場所

季の郷湯ら里(駐車場)9時

持ち物

飲み物、雨具、歩きやすい靴

参加費

高校生以上500円/小中学生400円(保険料含む)

定員

30名

※事前申し込みが必要です。

お問合せ先

詳しい内容については、只見町ブナセンターへお問い合わせください。

只見町ブナセンター(ホームページ

☎0241-72-8355

午前9時~午後5時(火曜休館)